• ホーム
  • 婦人科形成について
  • 診療科目
  • クリニック案内
  • よくあるお悩み
  • 料金のご案内
電話する メール相談 カウンセリング予約
  1. 婦人科形成トップ > 
  2. 大陰唇縮小術

大陰唇縮小術とは

デリケートゾーンのエイジングケア。
大陰唇を整える。

大陰唇は加齢によるハリの低下や、急激な体重の変化でシワやたるみが出来ることがあります。ハリが低下することで、下着に擦れたりするトラブルも生じます。
大陰唇が肥大すると小陰唇などの大陰唇の内側にある小陰唇との間に汚れが溜まりやすくなり、ニオイが気になったり、炎症を起こしやすくなることもあります。また、大きい、左右の大きさが違うなどの悩みもお持ちの方もいらっしゃいます。大陰唇縮小術では、このたるんだ皮膚を切除することで、大陰唇にハリを出したり、形を整えます。

こんな症状でお悩みの方へ

大陰唇にハリを出したい。
ニオイが気になる。
左右の大きさが気になる。

抜糸不要の溶ける糸で、傷跡を最小限にします。

当院の大陰唇縮小術では、極細の溶ける吸収糸を使用します。吸収糸による中縫いを含めた形成外科的縫合で、傷跡は目立ちにくくキレイに治ります。抜糸をすることなく、通院の負担もありません。

  • 肥大した部分や痩せてしまシワができた大陰唇。
  • たるみやシワを取り除いて、大陰唇のハリを取り戻す。

施術について

手術時間 約60分
麻酔方法 局所麻酔
※笑気ガス麻酔をオプションで追加可能です。
圧迫 術後は生理用ナプキンをご使用いただきます。
シャワー 翌日から可能
入浴 術後1週間より可能
性交渉 術後1ヶ月より可能
通院 基本的に必要なし(ご希望により検診可能)

院長からの一言

「大きさが気になる」・「左右差が気になる」・「大陰唇が擦れて痛い」など、誰にも相談できず1人で悩んでいたと言ったご相談も多くいただきます。短時間の手術で、傷痕もきれいに目立たなくなりますので、気になる方は是非ご相談ください。

施術の流れ

カウンセリング・診察

状態を診察し、患者様に最も適した治療方法を提案いたします。女性カウンセラーが担当します。
不安な点、わからないことなど何度でも伺います。

施術

局所麻酔をして治療開始です。
余分な部分を切除して縫合します。

施術後

当日、歩いてお帰りいただけます。
シャワーは翌日から可能です。

術後検診

溶ける糸で縫合しますので抜糸の必要はありません。

アフターケア

手術後、腫れや痛みがある場合、また、気になることがあれば、お電話などでお気軽にご相談ください。
お話をうかがい、必要に応じて検診にご来院いただきます。

よくある質問

術後は痛いですか?
個人差がございますが、術後に処方します鎮痛剤(痛み止め)の飲み薬で、通常十分にカバーできる範囲です。
術後どのくらいで仕事に復帰できますか?
殆どの方が、手術翌日より仕事復帰されています。
傷は目立ちますか?
大陰唇の傷痕は、時間の経過と共に目立たなくなり綺麗な状態に落ち着きます。
出産に影響はありますか?
特に影響ありません。

料金表

施術内容 料金 備考
大陰唇縮小術 左右両方 350,000円  
麻酔(オプション 麻酔クリーム(1部位あたり) 10,000円  
笑気ガス麻酔 20,000円  
麻酔クリーム+笑気ガス麻酔 25,000円 ※治療部位が1部位追加ごとに5,000円

※婦人科形成には全て局所麻酔注射(無料)を行います。

アクセス

千葉中央美容形成クリニック千葉県千葉市中央区富士見2-2-3
吉田興業第一ビル 7F(大和証券ビル7F)
JR千葉駅東口 徒歩1分
アクセスマップ
  • すそわきが
  • ピル外来
  • デリケートゾーン
  • お悩み解消コラム

  • メール相談
  • カウンセリング予約

大陰唇縮小術をご希望の方へ

女性の中には「大陰唇」にコンプレックスを抱いている人がいます。しかし、デリケートな悩みであるがゆえに、相談できないままつらい日々を過ごしてしまいがちです。

当クリニックでは、そのようは誰にもいえない大陰唇に関するお悩みを、全力でサポートさせていただきます。

大陰唇縮小術とは

まずは、大陰唇縮小術の詳しい施術方法について解説していきます。

大陰唇は、年齢や体質、出産などによってたるんでしまうことがあります。そうした大陰唇のたるんだ皮膚を切除し、美しく形を整えることが可能です。

また、たるんだ皮膚を切除することにより、ハリを取り戻すことができます。さらに、たるみが改善されることで同時にしわも改善され、大陰唇の見た目に自信を持つことができるようになるでしょう。

もちろん、たるんでいるわけではなく、「今の状態が好きじゃない、なんだか自信が持てない」という場合でも、状態から判断し、可能な範囲で皮膚の切除を行うことができるので、ご安心ください。

大陰唇縮小術のメリット

大陰唇縮小術には様々なメリットが存在します。女性には嬉しいメリットが多いので、参考にしてみてください。

大陰唇の見た目を若々しくする

まず、大陰唇縮小術の大きなメリットといえるのが「見た目が若々しくなる」というもの。

パートナーがいる女性はもちろんのこと、現在パートナーがいない女性でも今後パートナーが出来たときのために、大陰唇を美しく整えておくことで、性交渉に自信をもって望むことが出来るようになるでしょう。

清潔に保ちやすくする

大陰唇が大きかったりたるんでいたりすると、分泌物や垢が溜まりやすく不衛生な状態を招いてしまうことがあります。その結果、炎症や荒れ、かゆみなどを引き起こすリスクを高めてしまうのです。

女性の陰部は非常にデリケートなので、常に清潔に保つ必要があります。一方、自分では清潔にしているつもりでも、十分に清潔な状態を保てていないこともあるので、大陰唇を整えて清潔な状態を保ちやすくすることは、メリットが大きいといえるでしょう。

ニオイの改善

上記でも解説したように、大陰唇が大きさやたるみなどによる影響で、不衛生な状態を引き起こしやすくなります。これは、肌トラブルだけでなく「悪臭」の原因にもなってしまうので注意が必要です。

大陰唇縮小術はこうしたニオイの原因も改善することが出来るので、陰部のニオイに悩む女性は大陰唇縮小術を検討してみてもいいかもしれません。

小陰唇との摩擦によるトラブルを防ぐ

大陰唇が大きいと、小陰唇との摩擦が起きやすくなってしまうというデメリットがあります。摩擦が起きることによって、小陰唇が炎症を起こしたり大陰唇が炎症を起こしてしまうことがあり、決して良い環境であるとはいえません。

こうしたトラブルを防ぐためにも、大陰唇を大きさを整えることは大切です。

大陰唇縮小術は女性のデリケートな悩みを改善してくれます。見た目に関するコンプレックスはもちろんのこと、「ニオイ改善」「トラブル予防」など、様々な効果が期待できるのでぜひ覚えておいてくださいね。

  • メール相談
  • カウンセリング予約

PAGETOP